写心で会話をつくり元気をつくる専門家/永田知之

プロフィール

大手自動車関連部品メーカーにて、人事・営業を経験し会社の顔として上場会社の顧客を数十社任される。40歳の時に血液のガン悪性リンパ種4期Bとなり生死の境をさまよいながらも復帰。闘病中に撮った1枚の虹の写真がガンの方々を励まし元気にした事により復帰後は写真家となる事を決心する。

 

2014年1月起業。人々の気持ちに寄り添った写真は「写心」と言われ多くの人々を笑顔にし自己肯定感を上げる事をしてきた。写真の撮り方から物の見方考え方を教え、写真でコミュニケーションを図るフォトシェアリング会を定期開催している。

またチラシやホームページに使う効果的な写真の撮り方講座を開催しており写真の重要性についての講義活動も実施している。

専門家コラム

自己紹介&セミナー動画

セミナー・講演テーマ

  • スマホで簡単!印象に残るビジネス写真の撮り方伝え方
  • 写真でコミュニケーション想いを伝える写心とは?
  • これからのホームページ・チラシ広告での写真の重要性と伝わる写真とは?

ラジオ&動画番組

経験にもとづく仕事相談

  • 業種:自動車部品メーカー
  • 職種:人事・提案営業・セールスエンジニア部門を経験して会社の顔として大手企業担当を任される主に新規顧客開拓と受注フォロー
  • 職歴&得意な相談分野:会社員として24年勤続していました。人事・生産管理・営業(セールスエンジニア)として提案営業と新規顧客開拓を受け持っていました。40歳の時にガン闘病をする事になりそれまでしていた仕事は全く違うジャンルの写真家として人を笑顔にする事を仕事にする事を目指す。闘病経験ありの自分が好きな事を仕事にする事によって生きがいを得て元気に活動している。まったく今までとちがったジャンルを仕事にしていくには?会社員時代の知識常識は役に立つ。そんな事を皆さんにも伝えて行きたいと思います。

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-6486-1726

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

困りごとからさがす

業種・職種からさがす

セミナーからさがす

ラジオ放送からさがす

⇑ PAGE TOP